バスク日々の泡

フランスバスクでの日々の暮らしもろもろ

【フランス映画】アニエス・ヴァルダさんの『5時から7時までのクレオ』(1962)が好きだったな

youtu.be

 少し前のことになりますが、3月29日にフランスを代表する映画監督、アニエス・ヴァルダさんが亡くなられました。享年90歳。亡くなってからしばらくは、ラジオでも新聞でもこの訃報のことをずっと報道していました。

 

 フランス人で日本映画が好きな方は、黒澤明さんや小津安二郎さんなどの、昔の映画を観て日本映画が好きになったという方が多い気がします。今フランスで大変な人気の是枝裕和監督も、小津さんと比べられることが多いです。それと同じような感じで、日本でフランス映画が好きな方は、50、60年代のヌーベルヴァーグの頃の映画がきっかけで、という方が多いのではないでしょうか。

 

 私もそのひとりで、アニエス・ヴァルダさんの初期の代表作『5時から7時のクレオ』も、初めて観たときものすごく衝撃を受けました。

 

 語彙力がないのですが、何というか、今まで観たことのない映画に出会ってしまった!と驚いたことを覚えています(といってもその当時も今でも私の映画鑑賞歴は貧相なものですが)。ヌーベルヴァーグの映画を初めて観た後は、いつもそう思うのですよね。あと、60年前のパリが素敵すぎて。モノクロで見るパリの景色はズルいです。最高です。

 

 血液検査の結果を聞くため、2時間後に医師との面会を控えた歌手の女の子が、自分は癌かもしれない、という不安な気持ちと共に、パリの街を彷徨い、近しい人たちに救いを求めるものの得られず、最終的に見知らぬ人たちとの交流の中に安らぎを見出していくというお話です。

 

 随分と前に観たので細かいところは覚えておらず、またゆっくり観直してみたい映画です。

 

 ヴァルダさんは、Wikipediaを見ていただければお分かりのように、とてもお茶目な感じの素敵なおばあちゃまで、亡くなる少し前に撮られたらしいこの写真を見たときは、若い頃とまったく変わっていないのでビックリしました。亡くなる直前まで、多方面で精力的に活動されていたそうです。多作な方で、ドキュメンタリー映画も多く撮っています。旦那様はあの、『シェルブールの雨傘』のジャック・デゥミ監督(とうに鬼籍に入られています)。

 

fr.wikipedia.org

 

 

 ヴァルダさん、私にまったく新しい世界を見せてくれてありがとう。ご冥福をお祈りいたします。 

 

2、3、4月にオーガニックスーパーで買った野菜たち振り返り

 日本はゴールデンウィークですね。

 

 5月1日はこちらも祝日でした(バカンスが明けたばかりですが)。実は、来週の水曜、5月8日も第2次大戦の終戦記念日で祝日。フランスでは戦勝記念日ですね。ところ変われば、です。あと、30日はキリスト教の昇天祭。

 

 フランスは祝日が少ないけれど、5月は結構ありますよん。

 

 

 さて、うちは、お野菜や乳製品・卵はオーガニックスーパーで、お肉やお魚などは、スーパーや近所のお肉屋さん、魚屋さんで買っています。オーガニックのお肉は高いので、ちょっと手が出ません。

 

 これは2月中旬ごろの某日、オーガニックスーパーで買ったもの。

f:id:Zirimiri03:20190503002256j:plain

 しいたけ、ブラウンマッシュルーム、チコリ、ネギ、縮緬キャベツ、人参、じゃがいも、牛乳、スープ、グレープフルーツ、そば粉クラッカー。あと、切れていたので、掃除用の重曹と、マスタード。

f:id:Zirimiri03:20190503002342j:plain

 玉ねぎ、レッドオニオン、レモン、りんご、みかん、オレンジ、菊芋、お豆腐、モッツァレラチーズ、

f:id:Zirimiri03:20190503002440j:plain

サラダ菜、カブ、ロマネスコ、 フヌイユ。ロマネスコってカリフラワーの一種なんですね。ブロッコリーの仲間かと思っていました。そういえば、ブロッコリーとカリフラワーを足して2で割ったような味かもしれません。

 

 フヌイユは、香りの強いセロリのようなお野菜。ディルのような匂いがします。息子は食べてくれませんが、私は大好き。

 

 こちら、3月中旬の某日。 

f:id:Zirimiri03:20190503002015j:plain

 サラダ菜、そば粉のクラッカー、コーヒーの粉、ジャム、チコリ、ニンニク、みかん、オレンジ、刻みベーコン、ワイン、生パスタ、モッツァレラチーズ。

f:id:Zirimiri03:20190503001828j:plain

 ブラウンマッシュルーム、人参、菊芋、玉ねぎ、ロマネスコ、ゴボウ、山芋、バターナッツ、三角キャベツ、じゃがいも。

 

 ゴボウ、山芋はこちらにもあります。三角キャベツはイタリアのお野菜だそうですが、こちらで生で食べられる唯一のキャベツかも。春キャベツみたいに、柔らかくて甘くて美味しいんです!

 

 これは、4月中旬某日。

f:id:Zirimiri03:20190503002125j:plain

 ブラウンマッシュルーム、グリーンピース、じゃがいも、フヌイユ、チコリ、茄子、人参、玉ねぎ、キュウリ、みかん、梨、バナナ、りんごジュース。

f:id:Zirimiri03:20190503002139j:plain

 インゲン豆、三角キャベツ、サラダ菜2種、ポレンタ、お豆腐、牛乳、そば粉クラッカー、刻みベーコン。

 

 こうやってみるといつもほとんど同じものばかり買っていますね(笑)。一回の買い物で5、6日くらいは持つでしょうか(お肉やお魚は別に買います)。週末はだいたい旦那の実家でお泊りなので、これで1週間分のお野菜たちです。

 

 食料品を買うときは事前にリストなど作らず、適当に買っています。計画性がないのです(^^;;。それでも、買ったものはすべて使い切っています。当たり前かもしれませんが、それが出来ただけでも十分と自分で自分を褒めてます(自分には甘いのです)。

 

 田舎に引っ越すと、今のように下に降りれば何でもすぐ揃う、というわけに行かないだろうから、自ずと買い物の仕方も変わってくるだろうな〜。今度住むところは、車で15分ほどのところに村が3つほどあって、それぞれ日替わりで市場が立つそうです。市場通いも悪くないかもです。

 

 あまり深く考えずに田舎暮らしを決めてしまいましたが、全ての面において生活が変わってきますね…。楽しみでもありますが、ちょっと不安…。どこでも生きていけそうな、呑気な旦那と息子がつくづく羨ましいです。

 

【フランスで家を建てる】バスルームがだいぶ仕上がってきました

 年が明けてから家の工事がすっかり滞っていましたが、1ヶ月ほど前から再始動、バスルームがほぼ完成し、床材(パイン)も敷いてもらいました。壁、天井のペンキは自分たちで塗りました(フランスあるある)。しんどかったですが、仕上がりはなかなか良いので満足です。

 

 ということで、ようよう箱状態から脱出。7月に着工でここまで長かったですが、やっとゴールが見えてきました。感無量です。

 

 バスルームはそんなに広くありません。こちらの浴槽は高さがなく、寝そべらないと肩までお湯に浸かれません。それがずっと嫌だったので、座っていても肩までお湯に疲れる、ある程度の高さのある浴槽がどうしても欲しくて、いろいろ探しました。最終的に、Duravitというドイツのメーカーで、よい感じのものを見つけました。140x80cmなので、かなり大きいです。お湯が勿体無いのでもう少し小さくても良かったのですが、こちらは全てにおいてサイズが大きいので仕方ないですね。

f:id:Zirimiri03:20190429234348j:plain

f:id:Zirimiri03:20190429232945j:plain

 

f:id:Zirimiri03:20190429233042j:plain

 バスルームに窓があるのは嬉しい!隣の壁見えてるけど^^;。

f:id:Zirimiri03:20190429233148j:plain

  タイルは、設計士友人オススメのフランス北部の19世紀末から続く老舗のタイルメーカー「Winckelmans」のもの。2cm平方のタイル。30x30cmサイズのシート状になっています。色のバリエーションは35色ほどあり、どれも素敵です。青か緑で迷ったのですが、結局緑にしました。「オーストラリアン・グリーン」ですがどこがオーストラリアンなのかは分かりませんが、好きな緑です。

 

 ちょうどペンキ塗りをしていた時に、タイル職人さんが来ていました。「このタイルとっても貼りやすいですね!どこのものですか?」と聞かれました。私たちにとっては高価なので購入まで少し迷いましたが、仕上がりにはすごく満足しています。世界中に代理店があるようですが、日本にはなくて残念。ぜひお勧めしたいです。

 

f:id:Zirimiri03:20190429234401j:plain

 そして、念願の洗い場スペース!フランスのお風呂場は一般に洗い場がなく、ユニットバスなので(またはシャワールームが別にある)、お湯を張った浴槽のなかで身体を洗うしかありません。なので、お湯を綺麗なまま保てるこの日本式洗い場、ずっと憧れていたのです。

 

f:id:Zirimiri03:20190429233112j:plain

 なぜか粉だらけですけどね(^_^;)。お仕事の後のお掃除はデフォルトではないのです。でもお仕事は丁寧にやっていただいたので良いです。住む前に大掃除だな、これは。

 

 そして今さら気づいたのですが、シャワーヘッドを掛けるバーを取り付けるのを忘れていました。蛇口に引っ掛けるしかないですが、かえって良いかな。ちょっといい加減ですけど、とりあえずとても気に入っています。

 

 脱衣スペース兼洗面スペースはまだ全然できてなくて、これから洗面台や鏡を取り付けます。夏前に引越し目指して頑張るぞー٩(๑❛ᴗ❛๑)۶!

 

 こちらタイルメーカー「WINCKELMANS」のウェブサイトです。良かったら見てみてくださいね。

www.winckelmans.fr

 

 こちらは浴槽のメーカーのDuravit。日本語版がありました。

www.duravit.co.jp

 今日は平成最後の日。

 

 平成どうもありがとう。

 

 令和どうぞ宜しくお願いします。 

 

日本のおみやげ-京都・村上開新堂のロシアケーキ

 先週、旦那が日本出張で、スーツケース大きいのと、小さいの2つに、めいいっぱいおみやげを詰めて帰ってきてくれましたヽ(^o^)丿。

 

 秋に帰国するまで、これで頑張って乗り切ろう。

 

 京都1週間、お仕事ハードだったけど楽しかったようで、長旅の疲れも見せず、顔の色艶も良くて何より。お友達にもお付き合いしていただいて、愉しい時間も過ごせたらしいし。美味しいものもたくさん食べてきたようで、ちょっと羨ましいです。

 

 それにしてもいつもいつも自分の国を手放しで褒めてくれる旦那様には本当に感謝しかないです(私もフランスは好きですが、好きになるまでだいぶ時間がかかりましたのでね…)。

 

 

f:id:Zirimiri03:20190429041204j:plain

 そして、京都の優しい友人が旦那に持たせてくれた、村上開新堂のロシアケーキ。私、これに目がないのです。

f:id:Zirimiri03:20190429041217j:plain

 女子心くすぐるレトロな包装(おばちゃんだけど女子なので)。

f:id:Zirimiri03:20190429041236j:plain

 チョコレート、レーズン、アプリコット。

f:id:Zirimiri03:20190429041303j:plain

 サックサクの昔懐かしい味です。クッキーみたいだけど、クッキーよりソフトな生地で、ロシアケーキと言うそうです。どれも美味しいけど、アプリコットがすごく美味しかった。

 

 今度京都に行くのは、たぶん秋。その時はぜひ村上開新堂のカフェに行きたい。楽しみです♡。

 

www.murakami-kaishindo.jp

【山バスク】Le Bellevue-カンボ=レ=バン(Combo-les-bains)のクラシックなプチホテルのレストラン

f:id:Zirimiri03:20190424000814j:plain

 

 ただ今イースターのバカンス中です(^^)。

 

 先週から始まったバカンスですが、息子、咽頭炎で寝込み、1週間近くベッドで過ごしました。バカンスになる度に熱を出す不思議・・・^^;。まあ、中学校生活はハードだから、ゆっくり休めて良かったです。

 

 大分前ですが、2月に行ったレストランのこと、書いておこうと思います。なかなかに良かった。

 

 2月のバカンスも終わろうとしていた土曜日、お昼頃ふらりと家族でドライブに出ました。本当は、以前に行ったことのあるとても景色の良いレストランに行こうと思っていたのですが、ここら辺にあるだろうと見当をつけていた場所にはなく(なんでだろ)。その時1時をすぎていたので、今から海岸沿いのレストランに行くのも間に合わないだろうということで、近くの街カンボ=レ=バンでレストランを探そうということに。

 

 カンボー=レ=バン、バン(Bain=お風呂の意味)と街の名に付いていることでも分かるように、昔は温泉療養で非常に栄えた街でした。今は少し寂れていますが、立派な入浴施設があります。

 車を止めてぶらぶらしていると、高台の展望台の真ん前に、クラシックな感じの小ぢんまりとしたホテルが。

 

 1階にはレストランがあり、結構賑わっているよう。良さげなので、入ってみました(^ ^)。

 

 店内はほぼ満員で、年配の方がお喋りに興じながら、わいわい食事をしていました。すべてのテーブルの上にはワインボトル。皆さん地元の方らしい雰囲気。

 

 窓際の景色の良い席はすでに埋まっていて残念でしたが、お食事は美味しかったです。ホテルレストランと書いてあるので、お食事も楽しめるホテルなんですね。店内は新しくされたばかりのようで、店内の絵はきっとアマチュアの画家が描いたもの(値段が書いてあったので売ってる?)。 椅子などの家具はおそらくバスク製(雑誌で見たことがある)、陶器のプレートはバスクで有名なテコラッタのメーカー、ゴイコエチェア(Goicoechea)のもの。高級ホテルや空港などによくここの大きな鉢が置いてあります。

 

 

 

f:id:Zirimiri03:20190424000232j:plain

カンボ=レ=バンに行くには、前に記事に書いたナポレオンの道「Route impériales des Cimes」を通ります。"Cime(シムと読みます)"とは山の稜線のこと。なるほど綺麗に見えます。

 

f:id:Zirimiri03:20190424000207j:plain

  この時期木蓮が満開でしたね〜。本当に好き。

f:id:Zirimiri03:20190424000314j:plain

 ピカピカの銀食器、テンションが上がります。バスクで有名な高級テコラッタ製品のメーカー、Goicoecheaのプレート。照りがすごい(笑)。

f:id:Zirimiri03:20190424000357j:plain

 これはアミューズブーシュの、色からして恐らくバターナッツ系のスープかと。すみません、大分前なので記憶が薄れています。美味しかったことは覚えています。

f:id:Zirimiri03:20190424000432j:plain

 これは前菜なのですが、ブリック(チュニジアの春巻き)だったような。美味しかった。イカスミのソースでした。

f:id:Zirimiri03:20190424000459j:plain

 これはイカのプランチャ(鉄板焼き)。普通においしかったですよ。

f:id:Zirimiri03:20190424000512j:plain

 息子のチョコレートケーキ。濃厚。

f:id:Zirimiri03:20190424000542j:plain

 これは私のババ・オ・ラム(ブリオッシュにラム酒を浸み込ませたもの)。お酒飲めないけど大好きなのですこのデザート。給仕の方がラム酒のボトルを持ってきて、「もっとおかけしましょうか?」て言ってくださったのですが、さすがに断りました。お酒大好きな旦那に「これ断るの君だけだよ」って言われてしまいました。

 

f:id:Zirimiri03:20190424000614j:plain

f:id:Zirimiri03:20190424000702j:plain

  こぎれいな感じの普通ぽいけどいい感じのホテルです。こちら側を向いてる部屋は、景色がいいだろうな〜。

f:id:Zirimiri03:20190424000903j:plain

f:id:Zirimiri03:20190424000941j:plain

f:id:Zirimiri03:20190424001021j:plain

 正面にはこんな感じの景色が広がっております。ごめんなさい、写真が下手ですが本当に素晴らしい景色なんですよ。ちなみにホテルの名前"Bellevue"は、「素晴らしい眺め」という意味なんです。
 

 私服でサーブされている方もいて、カジュアルな雰囲気です。予約する場合は、必ず窓際の席を予約してくださいね。おすすめです。

 

Hôtel Restaurant Bellevue

30, Allée Edmond Rostand, 29, Rue des Terrasses 

64250 Cambo-les-bains

E-mail: contact@hotel-bellevue64.fr

Tel: +33(0)559937575

(2019年4月現在、前菜・主菜・デザートが33ユーロです)

 

 ホテル「Bellevue」のサイト

www.hotel-bellevue64.fr

 

 バスクのテラコッタ製品メーカー、ゴイコエチェア(Goicoechea)のウェブサイトです。素敵なので良かったら。

www.poterie-goicoechea.com