バスク日々の泡

フランスバスクでの日々の暮らしもろもろ

『犬が島』- ウェス・アンダーソン監督のアニメーション映画の不思議な日本と、日本文化への愛に感じ入る

 


『犬ヶ島』日本オリジナル予告編

 

 全然最新作ではないのですが、ウェス・アンダーソン監督の『犬が島』。

 

 フランスでは去年上映され、映画館に家族3人で観に行きました。今回DVDをお店で見つけ即購入。すごく良い映画です。

 

 『犬が島』は、ウェス・アンダーソン監督の人形を使ったアニメーション映画で、20年後の日本の架空の都市が舞台です。その名もメガ崎市。代々メガ崎市を支配してきた犬嫌いの小林市長とその一味の陰謀によって、犬インフルエンザの流行が起こり、全てのメガ崎市の犬はゴミ島に強制的に収容されてしまいます。

 

 主人公の少年アタリは、大好きなスポッツ(小林市長の養子だったアタリのボディーガード犬)を探しに、軍用機をハイジャックして一人ゴミ島に乗り込みます。そして5匹の犬に出会い、彼らとスポッツを探す旅に出ます。

 

 何百体もの人形を動かしてコマ割りで撮影してと、膨大な時間と手間をかけて作られたこのアニメーション映画、舞台であるメガ崎市は日本にありますが、もちろんウェス・アンダーソン監督の空想の中の日本です。でも、実際の日本に負けないくらい不思議で、豊かで、独特の世界観を持っています。この世界観に親子ですっかりハマってしまい、DVDを買ってから1週間連続で観てました(苦笑)。

 

 背景も人形もすごく丁寧に作り込んであって、まさに職人技。背景を見るだけでも、この映画を観る価値があると思います。

 お犬様たちは皆犬インフルエンザに罹っているという設定なので、ボロボロでちょっと切ないのですが、毛が風にそよそよと吹かれるシーンなんかはすごく良いです。

 

 もともと日本映画、日本文化が大好きなアンダーソン監督、インタビュー動画を見たのですが(凄く優しそうな人だった)、黒澤明監督や宮崎駿監督、漫画家で映画監督の大友克洋さんの作品なんかにインスピレーションを受けて『犬が島』を作ったそうで、あーだからか~、と色んな面で腑に落ちました。

 

 小林市長は、ちょっと三船敏郎に似てるし(でも三船の方が100倍男前!)。黒澤明監督の映画『どですかでん』とか、『AKIRA』をほうふつとさせる雰囲気だし。小林市長とかその腹心とか犬とか、登場人物がいちいちハードボイルドだしね(『悪い奴ほどよく眠る』みたい)。 

 

 あと、犬って喋ることができたらこんな感じだろうな、と思わぬところでアンダーソン監督に共感してしまった。素直で、ユーモアがあって、勇敢で、人間より賢そうだもんね。

 

 偶然見つけて好きになった新しい作品が、自分が大好きな作品たちと繋がっていたことを知って、嬉しい気持ちになりました。

 

 あ、でもこの映画で気に入らなかったことがただ一つ。それは、猫ちゃんをむちゃくちゃ悪い顔で描いていること。猫派にとってはそれは納得できないです。

 

 

バイヨンヌの街でご当地ゆるキャラPottokaくんに遭遇

 

f:id:Zirimiri03:20190106003108j:plain

 一人たたずむPottoka君。皆気になって見てる。

f:id:Zirimiri03:20190106004027j:plain

f:id:Zirimiri03:20190106004116j:plain

f:id:Zirimiri03:20190106004206j:plain

 バイヨンヌ市民に囲まれるPottoka君

 

 今朝起きたら、木々が霜で白くなっていました。とっても寒いです。でも、空は澄んでて綺麗です。

 

 三が日もあっという間に過ぎていきました。フランスでは年末からプレセールがいたるところで始まっていて、バイヨンヌもにぎやかです。プレセールとは、セール前のお得意様だけが利用できる特別優待セールのことです。といってもギャラリーラファイエットなどのデパートでは、デパートの会員証を持っていれば全ブランドのプレセールが利用できるので、敷居はぜんぜん高くありません。

 

 フランスのセール期間は商業法で決められていて、本来は来週の水曜(9日)から。でもプレセールは、クリスマスの直後くらいから行われています。クリスマスで散々消費したのに、その後すぐプレセールですから、もう息つく暇もないくらい畳みかけてくる訳ですが、いきなり半額とかになってますから、抗いがたいです・・・。着ていく場所もないので滅多に服は買いませんが、必要に迫られて毛糸の帽子、買っちゃいました、半額でしたから・・・。

 

 ところで年末に、バイヨンヌでは有名なゆるキャラPottoka君に偶然遭遇するというラッキーな出来事が!

 

 バスク語ではポチョカと読むのかな。ポチョカとは、バスク産の労働馬のことです。ゆるキャラというか、本当は地元のプロラグビーチームAviron Bayonnaisのマスコットキャラクターなんですけどね。ラグビーはフランス南西部で最も盛んなスポーツなので、Pottoka君のことを知らないバイヨンヌ住民はいません。ラグビーの試合に行けば会えるんですけど、こんな街中で出会えるなんてレアです。しかも一人(一匹)で何してるんでしょうね??笑

 

 

フランスで家を建てる 2019年も続く…

 フランス南西部、寒波だそうで、なかなかにないくらい寒くて手袋なしでは過ごせません・泣。

 

 息子の学校が7日から、旦那も家で仕事なので、家族そろって家で過ごしています。旦那も私も仕事はありますが、息子と一緒にのんびりと過ごしています。フランスはお休みが多いですが、学校がある時はスケジュールがぎゅっと詰まっていてとっても慌ただしいので、こういう時間は嬉しいです。とは言っても、4ヶ月で3cmも背が伸びたお年頃の息子、ちょっとした事で怒ったり、屁理屈がすごかったり、何かを試されてる気がするぐらい扱いにくいです・苦笑。まあ自分が息子と同じ年だった頃の拗らせようも大変なものだったので、やっぱり鳶の子は鳶だなーと。こうゆうところ旦那に似てくれれば良かったのにな…。

 

 さて、昨年の7月日本に帰国中に工事が始まった我が家ですが、だいぶ出来上がってきました。11月の終わりに、やっと窓ガラスが入り、もう外から見たらちゃんとした家です(まあ家なのですが)!いやー感激。

 

  サロンは一面ガラス張り、窓枠は緑です。

f:id:Zirimiri03:20190105052819j:plain

f:id:Zirimiri03:20190105053103j:plain

 窓枠の下部分は机になります。

f:id:Zirimiri03:20190105053302j:plainf:id:Zirimiri03:20190105052857j:plain

 テラス部分はまだできていないのです。

f:id:Zirimiri03:20190105053401j:plain

 ガラスが入ると素敵だー。けど足場がなくなったら窓を拭くのにハシゴ必須ですね…( ̄▽ ̄;)。

f:id:Zirimiri03:20190105052718j:plain

 入り口のドアもなんとガラス張りなのですが、2階なので道路からは見えません。

f:id:Zirimiri03:20190105053537j:plain

 

 外はだいぶ出来上がってきたので、年明けから内装工事に入ります。我が家はバスタブ、トイレの便器、バスルームのタイル、洗面台、蛇口、シャワー設備、照明などは自分たちで好きな物を路面店やネットで購入して、施工は業者さんにやってもらう予定。新しい家はまだ塀もなく何も保管できないので、購入したものは全て今住んでるアパルトマンに届けてもらっているのですが、うちはサロン以外場所がないので、年末から我が家のサロンには購入したバスタブがどーんと鎮座しています( ´∀` )。まあ、インテリアの一部ですね(嘘です)。

 

 年始からは内装工事だ、楽しみ~。一応今までは本当に想像通りで満足なお家なので、このまま順調に行って欲しいです。

 

 でも写真でみると、箱感がすごいな我が家。

明けましておめでとうございます

f:id:Zirimiri03:20190102070922j:plain


 明けましておめでとうございます。

 

 12月は忙しく、家のことも仕事のことも色々あって余裕がなく、ブログも更新できませんで。年末の怒涛の家族イベントを終え、大晦日も無事終わって(こちらは大晦日がメイン)、何だかやっと気持ちが自由になりました。師走のあの追い立てられる感って、何なんでしょう。恐ろしい…。子供の頃は、一番好きな季節だったのにね~。。

 

 あ、フランスで話題の黄色いベスト運動、バスクでもありました。週末ごとに実家に帰るのに高速道路を使っていましたが、運動が始まってから、4回ほど黄色いベストさんたちのおかげで料金所を無料で通してもらいかなりの得をしてしまいました。通るたびに料金所の側のパーキングでバーベキューしてて、煙がもくもく上がってたっけ( ´∀` )。私たちが出会った黄色いベストさんたちは、平和主義でしたよ。

 

 

 何にしても、新しい年って素晴らしい。区切りがあるってイイですね。また新たな気持ちで頑張ろうって思えるもの。

 

 12月はずっと暖かかったのですが、大晦日からかなりの冷え込み。でも、寒さで気持ちも引き締まって、いい感じです。

 

 今年は去年よりもう少しアウトプット頑張りたいと思います。あとは、息子もだいぶデリケートなお年頃になってきたけど、今年も家族みんな、楽しく笑顔ですごせると良いな。

 

 あ、引っ越しもあるんだった。こちらの方はとりあえずはあんまり考えないようにしてと…(;'∀')。問題先送り。

 

 皆さまにとって、2019年が幸せで健やかな一年となりますよう。

 

 写真は、ただ今絶賛イルミネーション中のバイヨンヌ。きらきらー。平和だー。

 

Les Basses Pyrénées ー バイヨンヌにある素敵なプチホテルのレストラン

Le Basses Pyrénées(写真はバイヨンヌ観光局からお借りしました)

 

   先週、バイヨンヌの街中にあるプチホテル『Les Basses Pyrénées』に併設のレストランBasses Pyrénéesでランチをしてきました。

 

 日本から来た友人がここに泊まったときに、初めてこのホテルの存在を知りました。最近できたか、改装したのではないかと思います。上の写真のようにシンプルでモダンな感じの外観です。

 

 友人に部屋を見せてもらいましたが、広くて内装もとっても素敵でした♡。バイヨンヌに滞在したい方にオススメです。

 

  お部屋の写真は、下のリンクから見てくださいませ↓

www.hotel-bassespyrenees-bayonne.com

 

 ホテルはバイヨンヌの代表的な商店街、エスパーニュ通りから細い脇道にそれて、少し行ったところにある小さな広場に面しています。旧市街の中にあり、独特の雰囲気です。

 

 レストランは、広場に広いテラス席を設けていますが店内はかなりコンパクトです。でもホテルの雰囲気に相応しい、素敵な場所です。

 

 ランチをした時は、ちょうど「La semaine des restaurants」というイベントが行われていました。「La semaine des restaurants」は、レストランウィークという意味で、期間中はビアリッツ、バイヨンヌなどのフランスバスクのレストランでお手頃価格(昼20ユーロ、夜30ユーロ)で食事ができるので、普段は行かないようなレストランもお試しできるという訳です。前回記事に書いたアルカングのレストラン、ラトリエも参加していて、夜なんかは本当にお得だろうな〜と思いました。

 

 このレストランは、普段からランチメニューは23ユーロなので(前菜+主菜+デザートの場合、どれか2つ選ぶ場合は20ユーロ)、あまりお得感はないのですが、まあそんな事は気にしない、気にしない(笑)。

 

f:id:Zirimiri03:20181129054525j:plain

 

 この日は、レストランウィークの特別メニューがありました。こちら↓

f:id:Zirimiri03:20181129054431j:plain

 

 うーん、美味しそう♫

 

 まずはアントレ(前菜)。デュバリー伯爵夫人のスープという名のカリフラワーのスープはフランス料理の定番だそうです。それか、豚の足のクロメスキ(コロッケ)にイカのエスペレットの唐辛子で味付けしたもの。この下に敷いてあるの、イカキムチにそっくりの味!? バスク風キムチですね( ´∀` )。フランス料理も多様になりましたね。でも大分辛かったけど、辛いのが苦手なフランス人は大丈夫なのだろうか。

f:id:Zirimiri03:20181129054532j:plain

 次はプラ(本菜)。市場のお魚か、カモ肉のカネロニかどっちかだったので、お肉にしました。オッソ―・イラティというバスクとベアルン地方で作られる羊のチーズのムスリーヌ添え。

f:id:Zirimiri03:20181129054555j:plain

 

 最後にデザート。チョコレートのタルトですが、これが昔小学生の頃よく食べた不二家のハートチョコに味が似てて。そう、素朴な味です。アマゾンで見たらまだ販売してました!!すごいな〜生き残ってた。

f:id:Zirimiri03:20181129054627j:plain

 

 

 量が、前回来た時より若干増えている感じがしました。食べ終わる頃には、お腹がパンパンでした(笑)。

 

 あの雰囲気でこのお値段はお手頃だと思います。それよりアラカルトのメニューが、バニラオリーブ油をかけたスズキのカルパッチョや、ランド地方の半生フォアグラや、イカの天ぷら風、マンガリカ豚の生ハム(バイヨンヌじゃないのね…)など、ワインが好きな人のおつまみにはいい感じなんじゃないかなと思います。ワインリストもありました。

 

 (参照:http://www.hotel-bassespyrenees-bayonne.com/images/site/carte-du-restaurant/Carte-Menu.jpg

 

 あとは、スペイン、ガリシア牛の熟成肉1キロどーーーん!(二人分なので一人500g!?)というのが気になりました。熟成肉美味しいですよね♫。お値段は一人27ユーロ(3300円くらい?)。いつか食べてみたいです。

 

 ここはメニューより、お酒を飲みがてら美味しいものを食べたい、という人にオススメかも知れません。

 

 ちなみにホテルには、レストランだけでなく、バーカウンターもあり帰りにチラッと見ると結構賑わってました。バスクの人は、みんなでワイワイ飲むのが好きですね〜。

 

 レストランとホテルのサイトはこちら↓。ちなみに、ホテルはバイヨンヌの昔の要塞の内側の旧市街にあって便利です。駅からは歩いて15分くらいでしょうか。バイヨンヌはとても小さな街ですが、ここを基点にバスクの山の方の美しい村々や、海の方にも日帰りで行けますよ〜。
 

LES BASSES PYRENEES ****
1, place des Victoires et 13, rue Tour de Sault
64100 Bayonne
TÉL : 05 59 25 70 88
Email : contact@hoteldesbassespyrenees.com

営業時間
ランチ : 12h00〜14h30
ディナー : 19h30〜22h00

定休日

日、月曜日

 

参考リンク: 

HADÈS Archéologie | La « tour du Bourreau »