バスク日々の泡

フランスバスクでの日々の暮らしもろもろ

フランスの眼医者さん

 

いやー、最近お天気が良くて、嬉しい。

うちのアパルトマンは大きな河に面しているのですが、

冬になると毎朝深い霧が立ち込めて、それはそれは

美しゅうございます。

毎日見てるけど飽きないのね、これが!

 

ところで先日、眼医者さんに久しぶりに行って参りました。

私は小学生の頃から近視がひどくて、コンタクトレンズ歴が

半端ないのです。

フランスでは、国民健康保険ではコンタクトレンズは

払い戻しされません。

が、任意で入るミュチュエル(La mutuelle)と一般に

言われる私保険がカバーしてくれる場合が多いです。

 

ただ、そのためには、眼医者さんの処方箋が必要。

ところが、フランスは慢性的な眼医者不足で、

街によっては、予約が取るのが至難の業なのです。

旦那の実家のある隣町では、な、何と驚きの6か月待ち!

 

でもこれは、セクター1に属する、健康保険で規定された

料金を徴収する眼医者さんの場合です。

 

フランスにはセクター制度があって、保険協定医でも、

セクター2に属するお医者さんは、自由に料金を設定できます。

 

つまり、セクター1のお医者さんよりお高いのです。

 

当然、予約も取りやすくなりますよね。

 

私の場合、コンタクトレンズの処方箋の有効期限が過ぎて

いたので、急いでおり、通常より高い診察料を払う覚悟で、

セクター2の眼医者さんに予約を入れました。

 

が、それでも2か月待ちましたー(;'∀')。

 

当日、診療所を訪れると、受付の女性はすこぶる感じが良く、

機嫌良く待合室に入ると・・・、

そこには、すでに15人ほどの人が!

 

時間はすでに4時過ぎ(私のランデブーは4時10分)。

うわ~…。待つな、これは。

 

と、思いきや、意外にスイスイ名前が呼ばれて行き

(付き添いの方も沢山いらっしゃるのかな)、30分ほど

で私の名が呼ばれました。

 

まず、優しいアシスタントさんと一緒に視力検査や

眼圧検査をして、一旦待合室に戻され、今度は眼医者

さんに診察してもらいます。

 

流れは、日本と同じ感じじゃないかな。

 

フランスに来た当時、風邪を引いてしまい初めて内科医

(ジェネラリストという)に診てもらいに行った時、

すごく驚いたのが、診察室がまるで普通のお部屋という事でした。

 

大きなデスクの上には、お子さんやお孫さんの写真や私物

などが無造作に置かれ、壁にはポスターや絵画。

内科医は子供を診る場合も多いので、絵本やおもちゃなども。

 

診察台こそ置いてあるけど、日本の無機質な診察室とは

似ても似つかない診察室で、落ち着かない思いで

診察を受けたものです。

 

今はすっかり慣れてしまったけど、やはり渡仏直後の

日本の方たちはびっくりするだろうな~。

 

今回の眼医者さんの診察室は、彼はおそらくインテリアが

好きなのでしょう。

アールデコ調の家具で統一されてお洒落でした。

 

という訳で、無事処方箋をゲット!

その足で眼鏡屋さんに行って、コンタクトレンズを

入手しました。

 

その際は、ミュチュエルのTiers payant(ティエール・ペイヨン)

といって、お金を立て替えないで、その場で払い戻しが適用

される制度でコンタクトレンズは無料でした~\(^_^)/。