バスク日々の泡

フランスバスクでの日々の暮らしもろもろ

La Table de Pottoka-バイヨンヌのお洒落なレストラン

 先日、といっても大分時間が経ってしまったけど、今バイヨンヌで一番お洒落なんじゃないかと勝手に思っているレストランで、ランチを戴きました。

 

 バイヨンヌはポー大学のいくつかの学部(バスク語など)があるので学生さんの街でもあります。なので、そこそこお洒落でカジュアルなプチレストランやファーストフード(パスタとかベーグルとか、自家製ハンバーガーとかね)は結構あります。また、美味しいチョコレート屋さんやお菓子屋さんはこの規模の街では多い方だと思います(チョコレートで有名な街ですし!)。

 

 でも、なかなかお洒落なレストランが無いんです。お隣のハイソな街ビアリッツに比べると大変大衆的で住みやすい街ですが、たまには都会的な空間で、そこそこ美味しいお料理を戴きたいなと思う時は、バイヨンヌではチョイスが限られます。

 

 でもそんな時に思い浮かぶのが、《ラ・ターブル・ド・ポトカ(La Table de Pottoka:Pottokaは仏語では「ポトカ」、バスク語では「ポチョカ」と読みます。ポトカはバスク産の労働馬の事だそうです)》です。二ヴ川沿いにある、小ぢんまりとしたレストランで、間口は広いけど奥行きはそんなになくてちょうど良い広さ。テーブルとテーブルの間はかなり狭いですが、そんなに窮屈な感じはなくむしろ居心地は良いです。

 

table pottoka

 写真はお店のHPからお借りしました(pottoka.fr)。

 

 その日はお天気も良くて気温も上がり、テラスにも人が沢山出ていました。

f:id:Zirimiri03:20180425161526j:plain

 

 メニューはこんなクリップファイルで渡されます(写真が見づらくてごめんなさい)。アントレ、メイン、デザートのメニューで39ユーロですが、平日のランチメニューですとコンプリートで26ユーロ、アントレ+メインまたはメイン+デザートで21ユーロで大分お得になります。ただランチメニューですとメインはお任せで選ぶことはできません。この時はお得なランチメニューを選びました。

 

f:id:Zirimiri03:20180503062236j:plain

 

 アントレは、メニューには書かれていませんが当日のおススメだったマグロのタタキを食べました。とっても新鮮なマグロのタタキと、上に載っていたのは確かキュウリと青りんごのシャーベットだったような気がします…。ソースはビネガーが効いていて、その日のお天気に合ったとても爽やかな良いお味でした。ただ、日本で食べるタタキとは全く別物の創作料理です。

 

f:id:Zirimiri03:20180503062306j:plain

 

 メインは選べなかったのですが牛肉です。どこの部位かは忘れてしまいました。付け合わせはジャガイモとほうれん草のミルフィーユですが、これは可もなく不可もなく。お肉は美味しかったです。あと、あの、見えますか?なぜか、しめじが1本乗っていました  ( ´∀` )。

 

f:id:Zirimiri03:20180503062333j:plain

 

 デザートも、メニューに書かれていないその日のおススメにしました。キウイとブラウニー、ホワイトチョコレートのアイスとゴマのチュイール(雷おこし的な味)。実はデザートは、お腹がいっぱいになってしまったので味見にと思い一つだけ注文したのですが、お店の方が気を利かせてくれて一つのデザートを二つのプレートに分けてくれました。が、このボリューム。きっとサービスしてくれたのだと思いますが、こういう気遣いをいただくと絶対にリピートしたくなりますよね!美味しく戴きました。

 

 お店のサービスは若くてカジュアルな服装の女子と男子、後はパトロンと思われるマダムで切り盛りされていましたが、お店の雰囲気に合ったフランクで気取らない自然な対応で、好感が持てます。そこそこ美味しく、雰囲気もサービスも良くて大満足でした。こうやって書いていたらまた行きたくなりました…。

 

 お店のHPを見ると、どうやらパリにもお店があるようです。いつも混雑しているので予約した方が無難だと思います。バスクにちなんだお店の名前でもお分かりの通り、地元バスクの食材をふんだんに使ったお料理が食べられます。

 

 お店のリンクはこちら↓ 写真の方がシェフのセバスチャン・グラヴェさんのようです。

pottoka.