バスク日々の泡

フランスバスクでの日々の暮らしもろもろ

フランス語を勉強しないのを帰国準備のせいにしています(笑)。あと、Brevetについて。

 フランス語も日々精進しなければと、毎日フランス語の本を最低10ページ読む事、そして表現力のため日本の小説を読む事を自分に課しているのですが、もうすぐ帰国のバタバタで、ここ2,3日できていません。

 

 こういうところがダメなんでしょうね…('◇')ゞ。しかも勉強しないでブログ書いてるし。何かブログでアウトプットするの楽しくなってきたし。

 

 ところで、フランスでは今日と明日、Brevet(コレ-ジュ、つまり日本で言う中学校修了証書)の最終試験が行われています。あまり知られていないと思いますが、フランスの中学校は4年制です。小学校は5年制で日本より1年少ないです。Brevet最終試験は、4年次の年度末に行われます。フランスって、学年が降順なんです。つまり、中学校の1年次は6年生と呼ばれ、それから5,4,3と下がっていきます。なので、最終学年は3年生です。ほんと、このセンス不思議ですよね~。

 

 ネットでググってみたところ、今年度は約83万人が受験したそうです。去年は約72万人なので、大分子供増えてますよね。去年のBrevet取得率は90%近かったそうです。

 

 Brevetの制度はマクロン政権になってからいろいろ改革され、去年まで3科目だけだったのが5科目になり、配点システムも大幅に変わったとか。継続的評価と最終試験の2つのフェーズから成り、継続的評価(定期テストなど)400点、最終試験400点配点で合計800点、半分(400点)取れればBrevetが取得できます。去年までは継続的評価の配点がもっと高かったので、成績が良く、継続的評価だけで400点を超える生徒は、最終試験を受けなくともBrevetが取得できた事になりますよね。

 

 いろいろ調べてみて面白いなと思ったのが、試験科目とその配点です。400点満点で、フランス語100、数学100、あと地理歴史、科学にそれぞれ50づつ、というのはまあ分かるとして、残りの100は、歴史または芸術、あるいは年間カリキュラムで行われる多分野実践教育(EPI)のテーマに関する口述試験に当てられるという事です。いやー、さすがフランス。15歳でも、プレゼンしなきゃいけないのかー(汗)。しかも配点が大きくて、いかに口述での発表が重視されているのかが分かります。

 

 もう一つ、ちょっと仰天したのが、Brevetの取得が、高校へ入学するための必須条件ではないというものです。Conseil de classe(クラス成績会議)というものがあり、Brevetのない生徒でも、同等の実力があると評価されれば、高校への進学が許可されます。また逆に、Brevetを取得しても、クラス成績会議でこの生徒は高校に行く能力がないと判定されれば高校には行けません(すなわち留年)。要するに、クラス会議が最高決定機関なのですね~。わー怖い。息子も、3年後はこの試験を受けなければいけないので、他人事ではありません。

 

 毎年、このBrevetの時期には、フランス語試験の書き取り(ディクテ)の内容が、新聞などで話題になっています。今年はマルセル・エメのテキストだそうです。ちらっと見てみましたが、何とかいけそうで安心しました。ただ、固有名詞は絶対聞き取れないだろうなと思いました。知らないという事は辛いものですね。外国語耳ではないので、いつも苦労しています。

 

 興味のある方はこちらからどうぞ ↓

http://www.cafepedagogique.net/lexpresso/Documents/dnb18-gdictee.pdf

 

 あと、こちらのフランス文部省のサイトで新しいBrevet制度について知る事ができますよん ↓

www.education.gouv.fr