バスク日々の泡

フランスバスクでの日々の暮らしもろもろ

フランスバスクに来たらぜひ足を運んでほしいアルカングの一軒家レストラン L'Atelier de Gaztelur(ラトリエ・ド・ガステリュール)

  先日、陽射しは強かったけどいい風が吹く日に、日本からのゲストと一緒に、ビアリッツからほど近いアルカングにある素敵な一軒家レストラン、L'Atelier de Gaztelur(ラトリエ・ド・ガステリュール)に行きました。

 

 今年度ミシュランで星一つ獲得の人気レストランです。このお店は以前はビアリッツにあり、すでに星付きのレストランだったようですが、移転すると、星はまた取り直さなければならないようですね。

 

 わーい、レストランは久しぶり!

 

f:id:Zirimiri03:20180902010540j:plain



 駐車場からレストランに入ります。上から、レストラン、花屋、ブロカントの案内板が。これらはぜんぶひとつの建物の中にあります。竹が植わっていて、エキゾチックな感じ。ここから入っていくと・・・。

 

f:id:Zirimiri03:20180902012408j:plain:w300 

  じゃーん。ものすごーく大きな田舎の一軒家があらわれます。15世紀初頭に建てられた当時は、領主のお屋敷だったそう。歴史があります。お屋敷の名は、Gaztelur。バスク語で、『水上の家』という意味だそうです。すてき。

 

 中に入ると、全然雰囲気がちがいます。ものすごーく、コンテンポラリーでファンタジーです(何言っているの?)。お洒落です。レストランは、室内と温室に分かれていて、私たちは温室に通されました。12時半過ぎに行きましたが、ほぼ満席でした。

 

 温室のテーブルはゆったりした配置で、お隣を気にせずにゆっくり食べられます。ビードロみたいな、レトロな感じの照明が美しい。レストランの中や外観の写真は、ぜひレストランWEBサイトのフォトギャラリー(Galerie Photos)でご覧になっていただきたい。とっても素敵ですよ☆。

 

  みんな揃ってランチメニューに。ワインなしで38ユーロ、ワイン込みで54ユーロで、アントレ、メイン、デザートは2種類から選べます。コーヒーとお茶菓子付きの、かなりお得なメニューです。火曜から土曜までの限定メニューですが、テーブルの全員がこのメニューを注文するという条件があります。

 

 グルメ&グルマンなお方には、もちろんもっと本格的、かつボリューミーなコースもございましてよ。

 

f:id:Zirimiri03:20180902034919j:plain:w300


 これはアミューズ・ブーシュ。アプリコットとキウイとトマト、クマツヅラ(Verveine)のシャーベットとモッツアレラのムース、だった気がする。おいしゅうございました。

 

f:id:Zirimiri03:20180902041942j:plain:w300

 

 前菜(アントレ)は、鯛のセビーチェとフェンネルと・・・ごめんなさい、忘れました(;'∀')。鯛のセビーチェは、薄味でとっても上品で、香りの強いフェンネルとよく合っていました。フェンネルは好きで家でもよく食べます。この間行ったレストランではチョコレートのデザートに使われていて、なるほど~こういう使い方もあるのか、と感心しました。意外と合っていました。フェンネルには、整腸作用があるみたい。

 

f:id:Zirimiri03:20180902035002j:plain:w300

 

 プラ(メイン)は、鶏肉とカマルグ米のリゾット。普段はめったに食べないカマルグ米ですが、リゾットにすると滋味に富んで美味しいですね、パサパサしない。鶏肉は、鶏ハムみたいでしっとりしてました。ムースの原料は失念しました。さっぱりして食べやすく、あっという間に完食。

 

 

f:id:Zirimiri03:20180902041958j:plain:w300

 

 一番美味しかったのがこのデセール(デザート)。グランマニエのスフレです。最後にサービスの人がオレンジのシャーベットをスフレの中に盛り付けてくれました。熱々のスフレにシャーベットなんて、似合いすぎです♡。幸せ。

 

f:id:Zirimiri03:20180905003944j:plain

 

 最後まで手を抜かない、見よ、この美しい一口菓子のプレートを!

 

 ちなみに食後にコーヒーと供される小さなお菓子のことを、フランス語でミニャルディーズ(Mignardise)と呼びます。 

 

 料理ごとにお皿もガラッと変えて、盛り付けも綺麗で、なんか、おもてなし感が凄いです。テーブルのセッティングや飾られているお花など、全てが行き届いてる感じ。サービスは、料理人の格好をした若い男女が担当していて、初々しい感じがとても好感が持てました。


 ワインは、お友達がサンセールを選んでいました。残念ながら私はアルコールが苦手で、当然ワインも飲めません。フランスにいるのに勿体ないとよく言われます。

 

 お隣の大きなテーブルは何と3世代の大所帯で来ていました。そこの7歳くらいの男の子がうちの息子に懐いてくれ、息子は彼とお庭でずっと遊んでいました。

 

 サイクリングの途中で寄った人もいたらしく、レストランの入り口に自転車が置かれていました。観光シーズンなので、外国人の方もたくさんおられました。

 

 美味しいお料理を素敵な空間で味わいながら、昔話に花が咲き、本当に良い時間が過ごせました。

 

 という訳で、ラトリエ・ド・ガステリュール、お勧めします☆。トリップアドバイザーを見たら、量が少ないという評価もありました。が、日本人には丁度よい気がします。ビアリッツから10分ほどの、アルカングという所にあります。

 

 

L'Atelier de Gaztelur (ラトリエ・ド・ガステリュール)

営業時間:昼12h00~13h30、夜19h30~22h00

定休日:日、月曜日

住所:chemin de Gastelhur, 64200 Arcangues, France

電話 : +33559230406

WEBサイト: : Gaztelur | Accueil | Bienvenue à Gaztelur

 (サイトのフォトギャラリーで、レストランの素敵な写真を見ることができます)