バスク日々の泡

フランスバスクでの日々の暮らしもろもろ

異文化のフランスでストレスを溜めないために

 もう週末になりました。

 

 下の写真は月曜のビアリッツ。暑かった!30度超えました。旦那とお茶をしに行きましたが、もわっとして、うわっとなりました。グランド・プラージュには海水浴客がちょうどいい感じに散らばっていました。みんな夏の終わりを惜しみつつ、楽しんでいます。週初めだけど、結構人がいます。まだバカンスの方がたくさんいらっしゃるんですね。

 

f:id:Zirimiri03:20180918011308j:plain:w100

 ここのところ最大の懸念だったガス給湯器の年1回の点検証明をついにゲットしました。

 

 我が家は賃貸です。年に一回、借りているアパートのガス給湯器の点検証明を、不動産屋さんに提出する義務があります。

 

 なので、まず9月あたまに点検に来てもらいました。点検終了時、作業員の方に、証明はメールで送るからメールアドレスを教えてくれと言われ、アドレスを口頭で教えました。さらに彼のPCの画面で、アドレスが正しいか確認しました。

 

 余談ですが、名前やメルアドの綴りを口頭で伝える時、きちんと聞き取ってもらえず最初の頃は苦労しました。特にアルファベットの ”e”と ”u”の発音の区別は難しいと思います。また、”eu"と"ou"の含まれる単語も難しく、私は ”deux euros(2ユーロ)と douze euros(12ユーロ)が、恥ずかしながらいまだ聞き分けられずに文脈で理解しています。今日も皮膚科のお医者さんに小切手を切るときに、名前の綴りを言ってもらったら、”e”と”u”を間違えましたね(;'∀')。

 

 閑話休題。フランスでは、物事はそんなに早く進まないことは分かっているので、寛大な心でメールを待ちます。

 

 1週間経過、連絡なし。さすがに心配に。メルアド、確認したけど・・・?

 

 次の日、恐る恐る電話してみます。かくかくしかじか、と電話に出た事務の女性に説明。

 

 事務の女性:あーはいはい、確認してみますね。あら、ほんとだ、まだ証明書送られてないようですね。ごめんなさいね(一応謝ってくれる)。処理しておきますので。

 

 私:あのー、今日送っていただけますか?

 

 事務の女性:ええ、間違いなくやっておきます。

 

 3日後。メール届かず。メルアド間違ってないし。その日にやっておくって言ってくれたけど、3日経ってますよね・・・。

 

 さらに2日待つ。メール届かず。代わりに不動産屋さんから、早く証明書送ってくれとの催促の手紙。

 

 さすがにもう一度電話しなきゃ。

 

 私:マダム・・・ですが、

 

 事務の女性:あーあの点検証明の!(覚えてるし)そういえば、送ってなかったかしら?ごめんなさいね(また謝ってくれる)。ちょっと確認してみます。あー、送られてない!いますぐやるわ。

 

 私:(あたかもメールは書いたけど送信を忘れていたかのような口ぶりだったので)じゃあ、今から送って下さいますか?

 

 事務の女性:ええ、12時までに届かなければまたご連絡ください。

 

 その時11時15分ごろでした。メールを受信したのはその30分後・・・。まあ細かいことはいいや、と中身を確認すると、点検しましたよ~、という2行程度の文章のみ。なぜにそんなに時間がかかったのだろう・・・。それに、会社のハンコが押していないけど、いいんだろうか。

 

 一応フランス人の旦那に聞いてみると、「ハンコー?良いんじゃない別に。」と完全に他人事のお返事だった。その時ちょうど私の携帯に電話が。出てみると、その秘書の方でした。

 

 事務の女性:申し訳ありません、マダム。証明書にハンコを押し忘れていました。

 

 やっぱり!?( ´∀` )

 

 その後無事にハンコ入りの証明が届き、不動産屋さんにメールで送付。

 

 こういう風に理不尽に待たされる状況って、ほんとストレスです。私は小心者なので、以前はこういう時は自分を責めてました。私のフランス語が分かりにくかったからだろうか、説明が足りなかったからだろうか、とか。だって、日本だったら考えられないメンタリティですよね。すぐやります、と言いながらの10日間放置とか。

 

  でも、フランスでこういう経験を重ねていくうちに、向こうの態度は自分のせいでは1㎜もないことがつくづく分かってきます。そう、相手の問題(仕事の遅さ、またはメンタリティの違い)なので、こちらではどうしようもないのです。

 

 こういう場合、もし私が強めの口調で、「早く点検証明を送ってほしい。」と言ったなら、彼女はもっと早く対応したかもしれません。でも、気の小さい私には、催促をすることがすごくストレス。なので、そのままのんびり待ちます。最終的には何とかなります。 

 

 フランスに来て最初のころは、日本では考えられないような、こんな経験をした時には精神的にすごく応えました。が、今ではあまり考えこまず、のんびりと構えて待つのが当たり前になってきました(注:相手の対応にあからさまに悪意が含まれている場合は、もちろんこの限りではありません!)滞在が長くなり、コネクションも自然とできて、ストレスも避けられるようになってきました。ただ、今回のように、避けられないこともやはりありますが・・・。

 

 


 大変遅ればせながら、台風21号、および北海道の大地震で犠牲になられた方、被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。台風21号による関空の被害、衝撃的でした。いつもはるかで通る橋が壊れているんだもの・・・。ちょうどその頃知り合いが日本に行く予定でしたが、関空利用だったのでキャンセルしたそうです。以前ニュースで21日には全面開港と出ていましたが、そんなに早く復旧できるなんて現場の人の血の滲むような努力があってこそなのでしょう。日本の自然って本当に厳しいですね・・・。今もつらい状況の中耐えてらっしゃる方がたくさんいることだと思います。できるだけ早く日常の生活に戻られるよう、お祈り申し上げます。 

 

 さらに、樹木希林さんの訃報にとてもショックを受けました。是枝監督の作品では欠かせない女優さんでした。あの素晴らしい演技をもう観ることができないのですね・・・。ご冥福をお祈り申し上げます。