バスク日々の泡

フランスバスクでの日々の暮らしもろもろ

終わりの季節-Rei Harakami

 今日は、新しい家のために、旦那と一緒に様々な水まわりのものを買いました。

 

 浴槽、トイレ、洗面台、蛇口などなど。浴槽やトイレを買うというのは非日常の体験で面白かったです。デザインも値段も、本当に様々で迷いましたが、予算がありますからやっぱり妥協が必要で、ちょっと我慢大会の様相を呈してました・苦笑。もしお金にまったく糸目を付けなくていいのなら、本当はたる源の槙の湯槽が欲しい…。夢ですが。

 

 

 ところでおばさんですがサカナクションがとても好きで、山口一郎さんがこの曲を聞いて音楽をやろうと思ったというのを聞いて聞き始めた、ハラカミレイさんの『終わりの季節』。とてもやさしい曲ですっかり気に入り、AKGのヘッドホンで大音量で最近よく聞いています。

 

 電子音が心地よくて、まるで小川のせせらぎを聞いているみたいです。

 

 細野晴臣さんの曲のカバーです。細野さんの歌詞がすてき。

 これは矢野顕子さんがボーカルのもの。


Rei Harakami / Yanokami - Owari no Kisetsu (終わりの季節)

 こちらは、ボーカルは細野さんかしら?


Rei Harakami - "Owari no Kisetsu"

 

 ハラカミレイさんは、惜しい事に40才の若さで早逝されてしまいました。